ベトナム進出の5つのメリット

ベトナム進出をお考えの企業様に、ベトナムに進出するメリットについてご紹介させて頂きます。


既にベトナム以外の国にて事業を展開されている企業様は、海外進出のメリット、意義を熟考された上で海外法人を設立されていると存じますが、この
チャイナ+ワンとして、世界中から注目を集める東南アジアのベトナムも然り、外資が進出することで得るメリットは大いに御座います。

ベトナム進出の5つのメリットとは?

1.人件費の大幅削減
2.豊富な労働力
3.マーケット拡大
4.進出企業への優遇税制
5.中国からの物流が容易









1.人件費 の大幅削減

ベトナムの全国平均の最低賃金額は、2018年現在で およそ15,600円(全国4レベルのエリアに分けられており、エリア別に見ても、最大:18,600円 最低:12,900円)と、この最低賃金に各種手当や残業代などを加えても、日本と比べて大幅に人件費を削減することができます。(都市部でサービス系などの会社で勤務するスタッフの場合、日本語や英語レベルが高い人材の給料はぐんと上がりますが)この人件費の安さが、ベトナム進出の一番のメリットなのではないでしょうか。

2.豊富な 労働力

ベトナムは総人口9500万人、30歳未満が6割以上であり、さらには毎年100万人のペースで人口が増加しています。ベトナムに進出した企業様はよくベトナムがエネルギッシュな国と表現されますが、この国全体の若さがそう感じさせてくれるのではないでしょうか。数千人規模を雇用する大手外資企業が密集するような一部の地域では、労働力不足などと言われる地域もありますが、これだけ豊富な労働力ですので懸念する必要はございません。日本に比べても豊富に労働力が確保できるのも大きな進出メリットの一つです。

3.マーケット 拡大

ベトナムに進出する多くの日本企業様が視野に入れていることかと思いますが、ベトナムでの事業展開をただ単に海外生産拠点、駐在員拠点と考えるのではなく、将来的にはベトナムマーケット、東南アジアマーケットへの販路拡大を見越しています。どのような形で進出するにしても、今後のさらなる海外展開の礎になることは間違いありません。

4.進出企業への 優遇税制

1980年以降のドイモイ政策以降、積極的に外資を誘致するベトナムでは、現在標準法人税率が20%、さらには進出先の地域や展開する事業内容によっては、さらに免税/減税などの優遇を受けることができます。

ベトナムの優遇税制に関しましては、こちらのページにて ご参照ください。

5.中国からの 物流 が容易

中国と陸続きで隣接するベトナム(北部)は、中国からの資材調達が容易です。実際にベトナム北部に進出している外資系企業が中国の華南地区より原材料や資材、機器を陸送で輸送するなどの例もあり、海上輸送以外にも利便性や運搬コストを考慮し、臨機応変に物流プロセスを選択できます。

以上、「ベトナム進出/現地法人設立の5つのメリット」について ご紹介させて頂きました。

当社のベトナム進出コンサルティングサービスに関するご案内は
以下のリンクから御覧頂けます。

ぜひ合わせて 御一読下さいませ。

Copyright© 株式会社 MEIKEI , 2018 All Rights Reserved.